年が明けても年度が明けても、そうガラッと何かが変わるわけではない。
でも何でか、節目を迎えると、気分が一新されたような気になる。
結局のところはただの思い込みでしかないのだろうけど。
その思い込みを起こさせるために、節目は存在しているのかもしれない。