詩、短歌、川柳、小説、エッセイ、論文……言葉や文を綴る形態はいくつもある。
正直なところ、私にはこれらの差が、よく分からない。
どんな形態の文章を読んでも、私が思うことは同じなのだ。
誰の書いたどんなに稚拙なものだろうと、私にとっては面白くて、奥深い。