孤独に耐えられなくなり、私は光のある世界へ飛び出した。
でも光を知らなかった私にとって、そこはあまりにも眩しすぎた。
目を開けていられないから、私の視界には何も映らない。
何も映らない世界では、結局私は孤独なままだ。