最愛の人を亡くした彼女は今、深い悲しみに暮れている。
どんな言葉も慰めも、彼女の胸の奥に届くことはない。
でも、やがて彼女は、以前と変わらぬ笑顔を取り戻すことだろう。
暮れた日が、必ず明けるように。