十年前に最新だった技術が、時代遅れと呼ばれる。
今の私は、そういう時代に生きている。
そんな中、千年前の技術を、私の一族は使い続けている。
時代遅れではあっても、技術的には遅れを取っていないからだ。