僕にとって人生は、壮大な芝居と言って良いと思う。
いついかなる時であっても、常に自分を演じている感じ。
たぶん僕は、本音というものを漏らしたことが一度もない。
でも、死ぬまで演技を続けられたら、もはやそれが本音と言えるだろう。