特に目的地も決めず、私はホームに入ってきた電車に乗った。
いろんな疲れがたまっていた私は、電車に乗ってすぐ眠りについた。
目が覚めた時、乗った駅と同じ駅のホームで電車は止まっていた。
何も見ずに乗った電車は、どうやら環状線だったようだ。