車を運転していたら、危うく犬を轢きそうになってしまった。
幸い向こうが避けてくれたから、大事には至らなかった。
でも、僕は自分が恐ろしいと思った。
あの瞬間、僕の中には諦めの二文字しかなかったから。