決して終わりのないゴールではない。
だが、完走するにはあまりにも距離が長すぎる。
ゴールして得られるものはそれほど多くないけれど。
ゴールせずに失うものの怖さに、走ることを止められない。