左手は添えるだけだけど、決して疎かにしてはならない。
それが基本にして最高の型であり、礼儀とすら言えるかもしれない。
左手が定位置についたら、あとは右手で一気に傾けるだけ。
風呂上がりの体には、この冷たさが何よりも心地良いのだ。