五ヶ国語が分かることを得だと思ったことは一度もない。
言葉が話せたところで、他人の考えが理解できるわけでもない。
一番分かる母国語での会話すらそうなのだ。
それならいっそ、分からないくらいの方が良い。