誰かが開けてくれるまで、ひたすらに息を潜めて待つ。
待ち続けることも、重要な仕事なのだ。
もちろん、一番重要な仕事は、その後にやって来る。
一瞬の驚きのために、私は全ての力を注ぐ。