まるで振り子のように、同じ場所を行ったり来たり。
前に進みたいのに、一向に進める気配がない。
時間だけが、僕を置き去りにして前に進んで行く。
焦れば焦るほど、余計に振り子から抜け出せない。