どんなに寂しくても悲しくても、私は絶対に泣かなかった。
過去のとある事件以降、何があっても笑っていようと誓ったからだ。
そのおかげなのか、私に接する人はみんな、笑顔を絶やさずにいてくれる。
だから私は、どんな悲しい出来事があっても、不幸にならずに済んでいる。