彼女は、周りにいる全ての人を等しく愛することができた。
その慈悲深さには、誰もが陶酔していた。
でもその平等さが、悲劇を招いてしまった。
彼女の愛を独り占めしたい者同士の争いが、国を滅ぼすまでに至ってしまった。