いくらでも、好きに踏んで構わない。
ちょっとやそっとの刺激など、取るに足らない。
丈夫さが取り柄だから、簡単に壊れるようでは話にならない。
だから安心して、我々の上を走り抜けるが良い。