全て私の力だけで動かせれば良いが、そうもいかない。
少しはあなたの力も借りないといけない。
力を貸してさえくれれば、望むところにあなたを運ぶ。
だから遠慮せず、思い切ってペダルを漕いで欲しい。