彼の書く物語は、ことごとく悲劇である。
どんな設定で作らせても、これでもかというくらい負のオーラに満ちている。
本人に訊いてみたら、悲劇以外は書けないのだそうだ。
接する限りでは明るい好青年だが、相当に闇が深いんだろうなと思う。