私のご主人様が、百万回生きた猫という本を読んでいた。
タイトルの通り、とある猫が百万回生きたというお話だ。
本を読み終えた後ご主人様は「まるでお前のようだな」と言った。
確かに僕は、すでに百万回以上生まれ変わっているけれど。