「まさに、氷山の一角にすぎないな」
「ああ……うん。そうだね」
この状況でそんなことを言っても、当たり前すぎてコメントし辛い。
どこまでも広がる氷山を見上げながら言われたところで。