その流星群は、あまたの奇跡とともに降り注ぐ。
夜空の彩りが、奇跡の大きさを語る。
私のところには、何の奇跡も降ってきてはくれなかったけど。
同じ夜空の下にいるどこかの誰かは、喜びを噛み締めているに違いない。