その土地によって、何を崇めるか、奉るかは変わってくる。
架空の神様であったり、実在の生き物であったり、様々だ。
ちなみにこの土地では、なぜか一粒の砂を崇めている。
あまりにも小さいので、しょっちゅう失っているという噂だが。