我々は、全ての武器を放棄して、二度と持たないことを決めた。
目に見える武器だけでなく、闘争心などの見えない武器も同様。
もしかしたらこれは、衰退への一歩かもしれない。
でも、武器があっても破滅への一途は辿るのだから、これで良い。