医療や科学の進歩で、人がほとんど死ななくなった。
死は恐怖と不安の象徴であり、最も忌むべきものになってきた。
だから、昔話や推理小説などの内容も、どんどんと変化している。
今はどの本を読んでも、人が死ぬような描写は出てこない。