みんな、僕のことをいつも心配してくれている。
その心配はありがたいと思うし、心強い面もある。
でもみんな、二言目には、そろそろ現実を見ろとしか言わない。
彼らの励ましは、僕に夢を諦めろと暗に言っているようなものなのだ。