百年という時間は、世界が変わるには十分だ。
私が生まれた頃と今では、世界がまるで違う。
今の私には、ここは異世界にしか見えない。
話している言葉すら、日本語なのかどうか分からないほどだ。