町を歩いていたら「よお、久しぶりだなぁ!」と声を掛けられた。
「おお……」と曖昧に返事したけど、正直どこの誰だか分からなかった。
ある時、テレビの企画で、自分の前世を見ることになった。
そこで初めて、あの時のあいつが久しぶりと言ってきた理由が分かった。