「キミを幸せにしてあげる」と、今まで何度言われたことか。
私と一緒になる人は、私の本性に気づくと、すぐに去って行ってしまう。
まあ、私と一緒にいても、幸せになれるのは私だけだから、仕方ない。
私は、他人の不幸しか蜜の味を感じることができないから。