僕にとって僕の世界は、僕が観測することによって初めて存在する。
ある人にとっては、その人が観測することで、初めて世界が現実になる。
そうやって、無数の世界が交錯してできているのが、この世界だ。
僕たちが孤独でない限り、並行世界は常に僕たちと共にある。