彼はパントマイムが得意で、本人もそれを自慢に思っていた。
実際、パフォーマーとしては一流だと、僕も認めている。
ただ、その自信ゆえに、ちょっと困っているところもある。
日常会話も全てパントマイムで行おうとするのだ。