まだ無名だった頃、常連客はほとんど僕一人だけだった。
流行ってほしかったから、頑張ってネットで評判を拡散した。
その甲斐あって、今ではいつ行っても、満席で入れない。
流行ってくれたのは嬉しいけど、食べられなくなったのは悲しい。