そこまで注目されることはなかった。
状況次第では、多くの人に気づかれていたかもしれない。
でもそうならずに済んだから、僕はそのまま隠し通すことにした。
この程度の小さな故障なら、後でこっそり直せば大丈夫だろう。