彼女たちには、秩序という言葉が存在しない。
そんなものとは無縁の輝きを掲げて、常に自由に咲き乱れる。
その姿は、百花繚乱という言葉こそふさわしい。
大輪の花のごとく、彼女たちは美しく咲き誇るのだ。