ここにいると、他人と会う機会が全くと言って良いほどない。
でも話し相手がいないと退屈だし、いざって時に相談することもできない。
私と同レベルの知能を持つ人間が話し相手になってくれれば、いろいろと便利だ。
だから私は、自分のクローンを作った。