たとえ相手が誰だろうとも、私は同様などしない。
余計なことは考えずに、どんな相手でもねじ伏せるだけだ。
だいたい、私が動揺などしていたら、ご主人も困るだろう。
私が身を任せたように、主人もまた、私を武器として信頼しているのだから。