蓋を開けてみたら、我々の圧勝だった。
これはもう、判定を待つまでもない。
相手は対決に必要な条件を、満たしていなかった。
しかし誰も最後まで、米を炊き忘れたことにきづかなかったのだろうか。