彼のポケットには夢が、私のポケットには恋が、パンパンに詰まっていた。
いつかどこかで、私たちのポケットの中身は混ざり合うと、そう信じていた。
でも気がつけば私たちのポケットは、退屈と後悔でいっぱいになっていた。
これなら、割れたビスケットの方が、まだマシだ。