本当はもっと触れ合いたいと思っている。
でも私が触れると、みんな嫌な顔をする。
だから誰にも触れられない。
触れるのを避けるほどに、触れたい気持ちが募っていく。