平面上の幾何学では、二本の平行線が交わることは決してない。
でも球面上であれば、二本の平行線が交わることもある。
つまり状況が変われば、当たり前が当たり前でなくなるということ。
僕たちだって、今は平行線だけど、いずれ交わる時が来るかもしれない。