目には目を、歯に歯を。
相手が卑怯な手を使ってくるのなら、こっちだって惜しむ必要はない。
己の中の正義が許さないとか美学に反するとか、そんなことはどうだっていい。
ここで奴を止めなければ、正義や美学を感じることすらできなくなってしまう。