彼は自分の才能に頼り過ぎていた。
才能ってのは、花のようにいつか枯れてしまうもの。
才能が枯れた時、彼には他に頼れるものがなかった。
僕が彼の才能に勝る存在であれば良かったのだけど。