不得意ってのは、必ずしも短所になるとは限らないようだ。
彼は何事も不得意で不器用だし、要領も良い方ではない。
でも彼はそれを嘆くこともなく、常に明るい性格を失わない。
そんな彼を見ていると、誰もがつい手を差し伸べたくなるのだ。