もはや全ての作業は、ロボットがやってくれる時代になった。
それに伴い、人々は働くことの意義を失いつつあった。
新しい技術や製品を開発したところで、それを生かす場がない。
それでも働かなきゃいけないと思えるほど、我々は強くないのだ。