少女は毎晩、夜空を眺めて祈りを捧げていた。
「そんなに毎晩、何を一生懸命お願いしているの?」
「一日でも早く、あのお星様になれますようにって、お祈りしてるの」
それが何を意味しているのか、母には理解できなかった。