ここには、毎日多くの旅人が訪れる。
彼らが迷わないように道を示してあげるのが、私の役目。
道を示してもたまに間違える人がいるけれど、それは仕方ない。
私のような一介の標識に、カーナビほどの有能さを求められても困ってしまう。