壮大な世界観の中に落ち着いた雰囲気を持つクラシックも良い。
頭が割れそうなほど激しいロックも良い。
メロディなど存在しない、人間が作り出すただの喧騒も良い。
私にとっては、この世に流れる全ての音が、BGMとなり得る。