プレッシャーを掛けられるってことは、辛い反面、嬉しいことでもある。
少なくとも相手は、こちらを強敵と認めているということだ。
たいしたことない相手だと思っていたら、こんなプレッシャーは掛けてこない。
全力をもって応えるのが、私のするべきことだろう。