世界中を探せば、一人や二人くらいは、必ずいるはずだ。
私の作品を、好きだと言ってくれる人が。
それだけで十分。
そういう人たちの為に、私はこれからも、作品を作り続ける。