私には守るべき家族もいないし、くつろげる家もない。
それでも、現状の不満を覚えたことなど、一度もない。
周りから見たら、私はただの浮浪者でしかないのだろうが。
私は自分を、ロマンを探求し続ける放浪者だと思っている。