一つの時代が終わり、次の時代が始まる。
そのとき僕らは、前の時代の人たちの魂を引き継がなければならない。
でもその一方で、あえて捨てていかなければならないものもあるだろう。
たぶん、何も捨てられないというのは、成長できないということだから。